誰も俺の記事で泣かない

生き急ぐ全力プログラマーのブログ。内容はランダム。

【プログラミング入門】僕がつまづいたPHPとHTMLを融合したテーブルの書き方 2/2

前ページで紹介したコードを利用して遊んでみましょう。
 
【応用編】——————————————————————————————————————————
 
ここからPHPのfor文とHTMLテーブルを組み合わせて使います。
●を表に入れてランダムにテーブルが変化するようにしてみましょう。
 
 
 
<table border="1">
<tr>
<?php
$rand=rand(1,10);
 
for($i = 1 ; $i <= $rand ; $i++){
echo "<td>●</td>";
}
?>
</tr>
</table>
横一列に数がランダムに変化するテーブルが作成されました。
 
さらに、ランダム数を縦列も指定すると、
 
<table border="1">
<tr>
<?php
$rand=rand(1,10);
for($j = 1; $j <= $rand; $j++){
echo "<tr>";
for($i = 1 ; $i <= $rand ; $i++){
echo "<td>●</td>";
}
echo "</tr>";
}
?>
</tr>
</table>
このように縦横の長さがランダムに可変するテーブルができあがります。
 
このコードのポイントは記事の冒頭で述べたテーブル図を理解しておく事です。
初めのテーブルは<td>のみを可変させるためphpの枠外でHTMLのコードを記述しており、
後のテーブルはfor文で可変させた<td>を<tr>で囲いさらにその<tr>にfor文を適用させるコードの作りになっています。
 
 
以上、私のつまづいたコードの説明をしてみました。
今後も、つまづいたらアップしていくようにします。
見ていただいてありがとうございました。